HOME > 採用情報 > 先輩社員紹介 > 菊池 竜也

菊池 竜也- Kikuchi

staff_img19.jpg       
  • 所属部門:短繊維製造部

    名前:      菊池 竜也

    職種:      製造職

    入社:      2014年

     

     

   

これが私の仕事

いらなくなったペットボトルを、全く別のモノへ生まれ変わらせる仕事。

私が所属している部署は、いらなくなったペットボトルをリサイクルして、
繊維を製造する部署。私たちの部署が生産した繊維を材料とし、
全く別のモノに生まれ変わらせるのが当社の事業です。
このペットボトルを再利用した繊維は
「自動車内装材」「不織布」「紡績」「ふとん綿」などに使用されています。
ドロドロに溶けたリサイクル樹脂を機械に投入し、
小さな穴を通して細い繊維に延伸して製品にします。
私が担当する業務は幅広く、先ほど説明した機械を動かす準備や操作、
出荷のための梱包作業や機械の管理、チェックなど。
工場での勤務経験はありませんでしたが、一つひとつ作業を覚え、
出来る仕事を増やしていきました。
モノづくりに一貫して関われるので、ヤリガイも感じられますよ。

だからこの仕事が好き! 一番うれしかったことにまつわるエピソード


 「何を作るか?」は重要ですが「誰と作るか?」も重要です。

まずは職場の人間関係が好きですね。
私たちの部署は基本的に5人体制のグループで作業を行います。
休憩時間になればみんなとワイワイしゃべって、和気あいあい。
上司から昔の会社の話聞いたり、プライベートのことなどを話すことで、
お互いの人となりを知ることができ、作業とのメリハリがつきます。
もちろん作業中は私語厳禁ですよ。
勤務時間帯が決まっていますからマイペースにできることも魅力。ストレスがないんです。
仕事を終えて街に出ると、自分の製品が街を走る自動車に使われていて、
誇らしく思う事があります。自動車だけではありません、
自分の製品がどこで・どう使われているかが気になるようになりました。
服とかもそうですよね。日々の生活の中で、自分が携わった製品を見つけるとやっぱり嬉しいです。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き


 結婚を控え、家族との時間を取れる仕事を選びました。
元々は給湯器の営業をしていました。
ですが、営業職は差し込み業務が多く、気が付けば残業・残業の日々。
結婚を控えた身でしたが、なかなか家族との時間がとれない事に不安を感じていました。
そこで、決められた時間の中で仕事を終えられる環境を選ぼうと転職を決意。
当時は大阪勤務でしたが、結婚を機に妻の実家であるこの岐阜に転居し、転職活動を始めました。
高安をうけたそもそものきっかけは、高安が掲げる「エコ」のスローガンに目が留まったから。
実は、給湯器の営業をしていた会社のスローガンも「エコ」だったんです。
製造系の仕事は初めてでしたが、夜勤手当もあり給与も良かったのと、
家から近くてマイペースにできそうと思ったので、思い切って入社を決めました。

これまでのキャリア


 短繊維製造部に配属。

就職アドバイス

仕事選びは「自分らしく」。これに限ると思います。
どんな仕事なら自分らしくいられるかを考えて、就職活動に臨むといいですよ。
そのためのポイントは、将来をしっかりと見据えて、幅広い視野を持つこと。
私の場合、製造職は未経験でしたが、幅広い視野を持って仕事を探し、
「ここなら自分らしく働けそうだ」と思って入社を決めたので。
後悔しないように、5年先・10年先の自分を想像して就活に臨んでください。