髙安におけるリサイクル

髙安株式会社が取り組むテーマ

髙安株式会社の具術

リユースの流れ

マテリアルリサイクルとは?

「くず」を原料として再利用する

髙安では、「マテリアルリサイクル」をメインに様々な新しいリサイクル製品の研究・開発に取り組んでいます。
「マテリアルリサイクル」とは、「材料リサイクル」「材料再生」「再資源化」「再生利用」などといわれることもあります。具体的には、使用済み製品や生産工程から出るくずなどを回収し、利用しやすいように処理して、新しい製品の材料もしくは原料として使うことです。
「くず」を燃やし、その際に発生する熱をエネルギーとして利用することを「サーマルリサイクル(熱回収)」と呼ぶことがあり、これと区別して称されます。広い意味では、化学分解後に組成変換して再生利用を図る「ケミカルリサイクル」を含むこともあります。

事業紹介

リサイクル繊維(短繊維)
リサイクル繊維(短繊維)
ポリエステルを主に製造販売。各種の産業資材用途に幅広く活用頂いております。
 
ニードルパンチ(不織布)
ニードルパンチ(不織布)
短繊維原綿を原料としてステッチボンド不織布・ニードルパンチ不織布を製造・販売致しております。
リユース(資材)
リユース(資材)
ボビン・梱包荷資材の回収選別作業及び納入をしております。(回収代行業務)
原料調達(合繊)
原料調達(合繊)
メーカーから出る廃プラスチック(PET・ナイロン・PP)を有価物として買取、再生プラスチックとして利用します。
リサイクルナイロン(樹脂販売)

リサイクルナイロン樹脂販売)

ナイロン繊維ウエストをリペレット(再生加工)、成型用ナイロンペレットタナジン®の製造販売を行っています。
研究開発(開発)
研究開発(開発)
技術開発にも力を入れておりますので、お困りの事案があれば何なりとご相談下さい。

お知らせ 詳細へ

ピックアップ商品

prev next